9B

ダメ社員/サボり学生で戻ろう

コラム

2020年11月9日

職場や学校に行けるようになりたい・・・でも本当に!?

いろいろな理由から職場や学校に行けなくなり、再び行けるようになりたい。そういう理由でカウンセリングを受け始める方は多くいらっしゃいます。そういう方に本当に行きたいの?と問うと「行きたくないけど・・・でも行かなくちゃいけないし」というような返事がほとんどです。

「別に行かなくてもいいんではないですか?」というカウンセラーは多くいますが、ちょっと無責任ですよね(かくいう筆者もたまに言うことありますが)。行かなくてはいけない職場や学校なら、結局は行かなきゃいけないのです。

ちょっとはいいことしなきゃ

ただ、行けなくなる前に、みなさん相当頑張っていたことがほとんどです。限界まで頑張って、本当に苦しくてどうしようもなり、それでようやくSOSが出せて休むことができたのです。同じようにまた頑張ってしまっては、同じことを繰り返してしまうかもしれません。

精神科医の中井久夫先生は「せっかく病気になったんだから、ちょっとはいいことしなきゃ」と声をかける、と著書に書いています。本当に苦しんで、つらかったし、今もつらいのです。お金も失っているかもしれないし、人間関係ももしかしたら影響があったかもしれません。少しぐらいはいいことをしないと、損ばかりになってしまいます。

ダメ社員での復職のススメ

長い間休職してしまった、学校に行っていなかった、となるとその休みを取り返そうとバリバリやってやろう!と考えてしまってはいませんか?

ただ、そうやって頑張ってしまったからこそ、限界を迎えてしまったのです。せっかく病気になって、苦しいのですから、少しはそれに甘えてはみませんか?つまりは「ダメ社員」として戻るのです。ダメ社員は、他の社員と比べて優秀であることはありません。必要最低限のことしかやってません。時には疲れたからといって早退したり、ちょっと体調が悪いからと休んでしまうこともあるでしょう。上司の期待に応えようと、躍起になって残業することなんてないでしょう。

学生ならサボり学生ですね。 成績も下がってしまっているかもしれません。調子が悪いと学校を休んでしまうかもしれません。授業もただ聞いているだけで、あんまりまともに聞かずにスマホをこっそりといじっているかも。親御さんの期待に応えられてないと感じることもあるかもしれません。

ポイントは、ダメ社員・サボり学生は職場や学校には行っている、というところなのです。 周囲と比べて優秀ではなく、期待に応えられていないかもしれません。でも、いいのです。あなたはそうやってちょっと甘えることをしていいくらい、苦しんで、つらかったのです。まずはダメ社員から。サボり学生から。そこからはじめてみませんか?

焦らず、ゆっくりと

かつてのように頑張れない自分に対して、苛立ったり、つらく思うこともあるでしょう。でも、ずっとダメ社員・サボり学生でいろ!という話ではないのです。いつかは自分が納得できるようなところまで、やれるようになります。でも最初のうちは、ダメ社員・サボり学生を少し続けてみてはいかがでしょうか。

焦らず、ゆっくりと、やれることから始めていきましょう。人は、自分のできることしかできないのです。かつてのあなたは、自分ができる以上のことを背負い込んでしまっていたかもしれません。それで限界までがんばって、倒れてしまったのでしょう。まずはちょっと荷物を降ろして。しっかり休んで。そして歩き出すときは、自分が持てるだけの荷物だけをもって、歩き始めればいいのです。重荷はちょっとは他の人にまかせて。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ACCESS

    アクセス

    住所・電話場号
    〒477-0036 愛知県東海市横須賀町扇島1-1
    ユーハウス横須賀 9階B号室
    電車でお越しの場合
    名鉄常滑線 尾張横須賀駅 歩いて7、8分
    お車でお越しの場合
    西知多産業道路 横須賀インターすぐ
    (駐車場についてはお問い合わせください)